アニメ「オーバーロード」から原作小説を購入しようか迷っている方に向けてあらすじから感想、個人的なオススメ度など紹介していきます。また個人的ではありますが評価もしていきますので購入の参考にしていただけたらと思います。ネタバレはしないのでご安心して見ていってください。


オーバーロード原作二巻はアニメでいうところのアニメ一期の部分までを描いて居ます。「アニメ一期なら見たからいいや」などと思うことなかれ、詳細に描かれたオーバーロードの世界観はアニメを全部見た管理人もなんども読み返すほどの魅力がありますので、まずはこちらの感想を見ていって見てください。




・オーバーロード原作小説二巻のあらすじ


・オーバーロード原作小説二巻の感想


・オーバーロード原作小説二巻のオススメ度




オーバーロード原作小説二巻のあらすじ





オーバーロード原作小説二巻のあらすじから見ていきましょう。



オーバーロード原作小説二巻のあらすじ。冒険者モモンとして活動を始めたアインズ。冒険者としての依頼を受け始めてから間もない二人はまだまだ初心者用の依頼しか受けられない為、冒険者ギルド内にいる冒険者チームと組んで依頼を受けることに。




そこへエ・ランテルの有名人であるンフィーレア・バレアレから指名で依頼を受けることとなる。なぜ有名でもないアインズ(冒険者名はモモン)に指名依頼をしたのか?また、裏で動くシャルティア、セバスは何を目的としているのか?




ここからアインズ達ナザリックの目的とするある目的が始まって居た。




オーバーロード原作小説二巻の感想





ここからは管理人の個人的な感想をお伝えしていきます。原作小説二巻ということで購入を検討している方はすでに原作小説一巻を購入済みという可能性が高いですが、念のため小さなことも感想として入れていこうと思います。




この原作小説二巻ではアニメでいう1期終了までが描かれて居ます。ここまでは多くの人が見ていると思うので大まかなストーリーは理解しているかと思います。しかしながらこの原作小説二巻でも小さな伏線が数多くちりばめられており、今後のストーリーにも大きく関わる場面が多いです。




ネタバレはしないとお約束している為しませんが、この原作小説二巻はかなり大きな意味合いのある伏線がありますので、オーバーロードを深く知りたいと思っているならば絶対に購入してほしいです!




そしてこの原作小説二巻まで読み進められたなら、おそらく全巻読みたくなってしまうはずです。個人的にもかなりオススメの原作小説です。オーバーロードの中でも後半まで残る伏線があるためファンであれば必ず購入するように!(何様




ということで個人的な感想でした。オススメ度は「絶対購入せよ!(だから何様」です。また、アニメに登場しないキャラクターなども出てくるばかりか、原作小説後半には必ずキャラクター紹介と詳細なステータスなどが乗っているのも個人的なオススメポイントです。




キャラクター紹介でだいたいのキャラクターの強さがわかるようになっているんですね。というのもアニメだけを見たならばわかるかと思うのですが、ナザリックのキャラクターたちが強すぎるせいでアニメの中では他のキャラクターの強さが測れません。全員ザコに見えてしまいます。笑




なのでこの原作小説を購入することでそんなマニアックな部分も知られるようになっているのもまたいいですね!ファンブック的な要素だとは思いますが、もっとどっぷりとオーバーロードの世界観を楽しんでくださいね!