オーバーロード原作小説9巻の感想と評価をまとめていきます。購入する際の参考にしていただければと思います。ネタバレはしないので安心して見ていただけます。まずはあらすじから大まかな物語の進行を見ていただければと思います。


個人的にオーバーロードの作品のファンなので意見の偏りはご了承ください。今回の原作小説9巻からは特にオーバーロードらしさが出てくるため面白そうと思った方は是非原作での楽しみを見つけていただけたらと思います。




・オーバーロード原作小説9巻の感想と評価!


・オーバーロード原作小説9巻のネタバレなしあらすじ


・オーバーロード原作小説の見所





オーバーロード原作小説9巻のネタバレなしあらすじ





オーバーロード原作小説9巻のあらすじから見ていきましょう。ここはアニメ3期の後半になります。特にアニメ3期でも見所のあるシーンが満載なので特にオススメしたい一冊ですね。




帝国の鮮血帝・ジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=二クスは考えていた。帝国に乗り込んできた二人のダークエルフによって受けた惨状、そしてその主人というアインズ・ウール・ゴウンという人物。




貴族としておかしな態度をとることはないとしてもこれほどの実力も持ったものを部下にしているのは一体どんな人物なのか・・・。今後帝国としてどのように付き合っていくべきなのか。




帝国側の勝利について考えるジルクニフはナザリック地下大墳墓に向かう。




オーバーロード原作小説9巻の感想と評価!





今回の原作小説9巻は特にオーバーロードらしい展開となっています。ただしアニメ1期シカ見ていないなどの人にとっては衝撃的な内容になるかもしれません。主人公のアインズは今回特にダークヒーローらしい雰囲気と展開を進めていくことになるので読む人にとっては想像と違ったという感想を持つかもしれません。




個人的には今回の原作小説9巻の内容は本当に面白いし、他のライトノベルなどにはない魅力があると思っています。




ただ、アインズはアンデットになってから人間に対して同情のような気持ちが少なくなっているため、人類側からしたらとんでもない恐怖の対象になっていきます。まさに魔王のような所業も平気でします。




それがオーバーロードの面白さの一つなのでしょう。オーバーロード特有の爽快感もバッチリあるのでこの展開が好みの人には間違いなく原作小説の中でも1、2を争う面白さだと思います。





オーバーロード原作小説の見所





なんといってもこの原作小説9巻の見所は本気レベルの魔法を使うアインズの戦闘シーンが含まれていることでしょう。オーバーロードの世界観の中ではアインズに匹敵するのは守護者たちくらいしか今まで登場していませんでした。




そのためアインズが本気で戦闘するシーンは少ないのですが、今回の原作小説9巻ではかなりド派手な展開があります。




オーバーロードの戦闘シーンはかなり詳細に描かれているため、話は長くなりがちですが個人的にこのオーバーロード原作小説の醍醐味だと思っていますので楽しめるかと思います。




また、この原作小説9巻での伏線などについてですが、管理人もまだまだ発見できていない部分が多くあるように思います。そしてキャラクター紹介として至高の41人が紹介されているので、そこもファンとしては見ておきたいですね!