オーバーロード原作小説11巻の感想と評価をして行きます。ネタバレなしなのでまだ読んでいない方でも安心して見ていただけます。内容としては10巻の続きで、まだアニメ化はされていませんので、気になる方はぜひ検討して見てください。


オーバーロード原作小説11巻はアインズ一行がメインになる回なので、原作ファンもアニメファンも楽しめる内容となっています。




・オーバーロード原作小説11巻の感想と評価


・オーバーロード原作小説11巻のネタバレなしあらすじ


・オーバーロード原作小説11巻の見所





オーバーロード原作小説11巻のネタバレなしあらすじ





オーバーロード原作小説11巻のネタバレなしのあらすじ紹介です。




守護者達とアインズの思考のズレからアインズは不安に思っていた。そこで一時的に逃げるため(?)に、ルーンの武器などの製作技術を獲得するためという目的を持ってドワーフの国に向かいます。




リザードマンの種族の中にドワーフの国に行ったことがあるという人物を連れてアインズ、シャルティア、アウラを連れてドワーフの国に向かうアインズ一行はドワーフの国につくことができるのか?そこで得るものとは・・・。




オーバーロード原作小説11巻の感想と評価





個人的にオーバーロード原作小説11巻を読んで見た感想としては、「ちょうどいいボリュームと爽快感!」と行ったところでしょうか。今回のドワーフの国での出来事ではアインズ達一行の桁外れの強さを体感できる一冊です。




特にダレる部分もないので読みやすくスラスラと読めてしまいます。また、伏線などは少ないように思います。そこだけはちょっと残念かも・・・。




ただ、面白さとしては十分なので購入する価値はありだと思います!アニメ化もまだされていない部分なので未知の部分をよく見られるのもポイントが高いですね!




あとはこの後に続く原作小説12巻以降の話につながっていくため非常に興味深いシーンも多いかと思います。そして最後まで読むと非常に気になる展開で終わるので・・・。つい次の原作小説も購入することになるでしょう。




オーバーロード原作小説11巻の見所





なんと行っても今回は原作小説11巻の内容としてかなり戦闘シーンが詳細に描かれているのが見所でしょう。また、戦闘シーンもかなり多い印象があるので爽快感のあるオーバーロードを体感していただけるはずです。




アインズ本人はもちろん、アウラやシャルティアの活躍も見られることもポイントが高いですね!




そして個人的に後半に載っている至高の41人の紹介ページが好きですね。今回の紹介には物語の核心に迫るようなことも書かれているので、ぜひファンならば手に入れて欲しい一冊ですね。