代々木アニメーション学科にYoutuber科が新設されるということで注目を集めています。ネットの反応の中には「お金の無駄」、「その学費で機材用意したほうが早い」などの声も多いようですが、実際のところどうなのか?また、教えてくれる講師は誰になるのかなどを調査して行きます。


管理人個人的にはYoutuberという職業的に、ネットのリテラシーが必要な職業なので専門的に教えてもらうというのは非常に効果的でもあると考えています。もちろん自分で調べればいいというのもわかりますが、世の中のほとんどは調べればわかることだらけでも専門的に教えて欲しいという声も少なからずあるのも確かです。


なので学費を払ってでも教えてもらうというのもまた一つの手段ということで選択肢に入れるのもアリだと思いますね。




・Youtuber科の講師は誰になる?


・Youtuber科はお金の無駄?学費が高いと話題


・Youtuber科の評判と反応





Youtuber科の講師は誰になる?





スポンサーリンク







一番きになるのはこのYoutuber科の講師は誰になるのか?という点ですよね。Youtuberになるための技術などを教えるのであればやっぱり実際に活躍している人に教えてもらいたいものです。



















Youtuberといえば有名な人はたくさんいますが、やっぱりヒカキンさんなどの有名Youtuberさんに教えてもらえるなら行きたいと思う人も多いことでしょう。




しかしおそらくですがYoutuber科の授業に毎回有名Youtuberが講師として教えてくれることにはならないでしょう。なぜなら今やYoutuberはテレビにも出演するほど忙しい毎日を送っており、ほとんど芸能人と変わりません。




そんな人物が毎回授業に出るとなればギャラもとんでもないものになるでしょうし、そもそもYoutuber科として教える授業も様々な分野にわたるはずです。なので講師はおそらくネットリテラシーに詳しい人物が主に出てくることになると予想しています。




ただ、イベントや年に数回くらいはYoutuber科に有名Youtuberが参加することくらいにはなってもおかしくないかなと予想しています。




Youtuber科はお金の無駄?学費が高いと話題





スポンサーリンク







学費を払うくらいならカメラなどの機材やパソコンを用意したほうが早い




という意見がちらほらネット上で見られます。しかしYoutuber科のようなネットリテラシーを学ぶ場というものも管理人は必要だと考えています。著作権に関する授業や法律上の問題、様々なネットリテラシーを学ぶ機会というものはまだまだ日本には少ない印象です。




だからこそバイトテロなどの炎上騒ぎが起こりますし、知らず知らずのうちに著作権法違反をしている人なども多くいます。




それらの問題を解決するためにもYoutuberとして専門的に教えてもらえるというのは悪くないでしょう。Youtuber科で企画を考えてもらうなどということでもないでしょうし、下準備としては通って見てもいいのではないかと思いますね。




しかしどれも自分で調べればできるという意見も理解できます。今活躍しているほとんどのYoutuberは自分たちでそれらを学びながら実践してきた人たちなので、それをできないとはいえないでしょう。




しかし「失敗したくない」という人はYoutuber科に入ってみるという選択肢もあり得るというわけですね。




Youtuber科の評判と反応





スポンサーリンク






















スポンサーリンク