大学教授という立場にありながら学生グループに合成MDMAを作らせるなどしたとして書類送検された教授が話題になっていますね。この大学教授である岩村樹憲氏はなぜこのようなことをしたのか?顔画像と名前、学生たちの処分についても調べてみました。


松山大学薬学部の教授である岩村樹憲氏ですが、学生たちに作らせた理由は勉強のためだと話しているようです。しかしこの岩村樹憲氏は薬物乱用防止法についても詳しく知っていた可能性が高く、免許がある場合はこのように勉強目的で作ることは合法となります。


しかし現在のところは書類送検ということですので、詳しく調査中ということなのでしょう。




・MDMAを作らせた大学教授の顔画像と名前


・MDMAを作らせた岩村樹憲の経歴・学歴


・松山大学教授がMDMAを作らせた!ネットの反応は





MDMAを作らせた大学教授の顔画像と名前





スポンサーリンク












・岩村樹憲(いわむら たつのり)


・岐阜薬科大学博士課程


・薬物乱用防止ホームページ作成委員会 専門委員


・「学校における薬品管理マニュアル」作成委員会 専門委員





岩村樹憲氏の経歴、学歴を見れば見るほど今回の騒動とは結びつきそうにないほどに薬学などに非常に詳しい人物であることがわかります。薬学科で学んできたのはもちろんのこと、薬物乱用防止ホームページ制作にも関わっており、それらの法律にも詳しいように思えるのですが・・・。




ちなみに調べてみたところ、大学の実験でMDMAなどの合成薬物を作る場合、免許があれば可能なのだそうです。なのでこの免許を所持していたのかどうかが今後の処分の鍵となる可能性が高いですね。




岩村樹憲氏の経歴的には持っていてもおかしくないと思えるのですが・・・。




MDMAを作らせた大学教授・岩村樹憲の経歴・学歴





スポンサーリンク







・学歴
1. 1983/04~1986/03岐阜薬科大学 薬学研究科 博士課程単位取得満期退学




・研究課題
1. 1986/01~ 中枢作用薬、Gタンパク受容体作用薬の化学 個人研究
2. 2007/04~ ジアザペンタレン類の化学 個人研究 (キーワード:複素環化合物)





・職歴(研究職歴)
1. 1986/04~1991/03岐阜薬科大学 薬学部 薬化学講座・助手
2. 1991/04~2004/03岐阜薬科大学 薬学部 薬化学講座・講師
3. 2004/04~2007/03岐阜薬科大学 薬学部 薬化学講座・助教授
4. 2007/04~松山大学 薬学部 薬学部医療薬学科・教授





・所属学会
1. 1982/02~日本薬学会
2. 2007/04~2008/03中国四国支部幹事
3. 1982/04~1995/01有機合成化学協会
4. 1986/04~アメリカ化学会医薬品化学部会
5. 1994/04~日本薬学会医薬化学部会





岩村樹憲氏の経歴・学歴共に大学教授として申し分ない専門性も持っておられるようですね。そんな教授がMDMAを作らせたと騒がれているのには何か他の理由があるのかもしれません。




上記にも書いた通り、これほどの学歴と経歴を持っている教授が合成薬物の免許などに詳しくないわけがありません。それでも学生たちに作らせたと問題になっているのは・・・。




非常に気になりますが、ここからは最新情報が入るまでお待ちください。




松山大学教授がMDMAを作らせた!ネットの反応は





スポンサーリンク






















スポンサーリンク