芸人ガリガリガリクソンさんが広告で話題になっていたダイエット食品が景品表示法違反の可能性があるとの指摘を受けてツイッターなどを削除したということで話題になっています。ダイエット商品の広告は非常に難しいものがあり、個人の差というものがどうしても関係してしまいます。


また、このような商品を詐欺ではないかと疑う声も出てきそうですが、実際にはそうではないと思います。どれだけ効果があっても法律上表現できる方法が限られるのは仕方がないことなので・・・。


しかし景品表示法違反になってしまえばこれだけ話題になった商品も炎上してしまい売り上げに影響が出るおそれも・・・。




・ガリガリガリクソン広告のダイエット商品は詐欺なのか?


・ガリガリガリクソン広告のダイエット商品が景品表示法違反に?


・ガリガリガリクソン広告にネットの反応は?





ガリガリガリクソン広告のダイエット商品は詐欺なのか?





スポンサーリンク







結論から先に言うとこのようなダイエット商品を詐欺だと断定することはできません。確かに今回話題になったように広告の表現方法が法律に引っかかる可能性が示唆されただけであり、これを詐欺だと断定するのには少々早計すぎるかと思いますね。




しかしやはり広告に「個人差があります」・「適度な運動と食事制限を併用して」などと書かれていたらダイエット商品としては魅力が下がってしまう気もしますよね・・・。




「それって当たり前のダイエットじゃん!」




とか言われても仕方がないですし・・・。笑




しかしながら今回のガリガリガリクソンさんが広告を務めた商品に関しては効果がないと言うわけではないですし、詐欺というには少々疑問が残ります。









このように商品の紹介に関しては今の所適切にしているように見えます。




ガリガリガリクソン広告のダイエット商品が景品表示法違反に?





スポンサーリンク






「ガリガリガリクソン氏のビフォーアフターの写真が多く掲載されていることで、 “この商品のおかげでガリクソン氏がダイエットに成功した”と感じる人は多いでしょうし、『いつもの飲み物をこれに超簡単』『我慢しないダイエット』といった表現も、運動や食事制限の負担が大きくないと思われる可能性があります」

と指摘。

 さらに、

  「成分の直接の効能を強調してはいないものの、『こんな方におススメ! 味が濃いもの、脂っこいもの ついつい食べ過ぎちゃう…』という表現の後に『炭の無数の穴に着目』と、過剰に摂取した油成分を、商品に含まれる炭が吸着することにより、痩身効果を得ることができると思えるような表現をしていることなどを考慮すると、暗に炭の痩身効果に与える効能を表現しているとも考えられます」

とも付け加えた。     引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00000001-jct-sci&p=2





今回争点となりそうなのは誤解を生むような表現が使われていたかどうか、と言う点になりそうです。今の所ネット上で指摘され始めていると言うだけですのでこれらの商品が景品表示法違反になるかどうかと言うのはまだまだわかりません。




実際にガリガリガリクソンさんの痩せた姿に衝撃を覚えたのは確かですし、その助けになった可能性のある商品ということであればまあ誤解を生むこともない・・・かも?




ガリガリガリクソン広告にネットの反応は?





スポンサーリンク





















スポンサーリンク