泉佐野市のふるさと納税が話題になっていますね!なんと今回は300億円限定での申し込みページが特設され、こちらのサイトではアマゾンギフト券が30%も還元されるとのこと。ふるさと納税について規制が敷かれる前の抵抗ということですね。こちらが本当にお得なのかどうかについて見ていきましょう。


個人的にはかなりお得な部類に入ると思います。今後は特にふるさと納税への規制が始まりますのでこのような還元率は再現されません。まずはここで説明していき、ふるさと納税の申し込みページも紹介していきます。




・泉佐野市ふるさと納税amazonギフト券は本当にお得なの?


・泉佐野市はやりすぎ?還元率が30%!


・泉佐野市のふるさと納税はこちらから





泉佐野市ふるさと納税amazonギフト券は本当にお得なの?





スポンサーリンク







泉佐野市のふるさと納税が話題になっています。総務省からはふるさと納税の規制法案が出ていることから、これに対抗したのだと見られていますが、なんと泉佐野市は昨年から今年にかけてのふるさと納税の戦略によって400億円を超える金額の税金を集めることに成功しています。




これはかなりすごいですよね。アマゾンギフト券を返礼品とすることで成功したわけですが、この戦略はただの役人が考えたとは思えないくらいにどストライクですよね・・・。




誰もが欲しいものなので申し込みが殺到し、公式ページにもつながりにくい状態が続いていたりします。




そこで疑問に思う方もいるのかもしれません。これって本当にお得なのか?ということです。もちろん税金に関することですから、国民全員に関係することです。




ふるさと納税の返礼品は多くがその地産品で、食品などが大半を占めています。あるいは服飾関係などのものですね。しかし多くの人が欲しいのは金券などのあらゆるものに使える返礼品ですよね。




なので今回のようにアマゾンギフト券などが返礼品で出ていること自体かなりお得です。さらに30%のアマゾンギフト券はおそらくすぐに上限に達してしまう可能性があるので申し込みはお早めに。




だって自分の好きなものが買えるわけですし、返礼品を選ぶ必要がなくなるわけです。ですがこれは総務省としては面白くないようで規制をかけていく流れになっています。この規制前になんとか税金を集める戦略として泉佐野市は5月末日までの申し込みでアマゾンギフト券を30%分も上乗せした新たなコースを作りました。




泉佐野市ふるさと納税申し込みページはこちら




泉佐野市はやりすぎ?還元率が30%!





スポンサーリンク







これほどの還元率でamazonギフト券という魅力的な返礼品があるのももう規制されたら最後かもしれませんね・・・。しかしこれで泉佐野市のアマゾンギフト戦略はやりすぎではないかとする声も少なからず上がっています。




実際にこのように荒稼ぎとも言える戦略をとったことで規制されたのではないかという疑念もありますからね・・・。




個人的には日本の税金を集めたはいいものの使う先がアメリカ企業であるアマゾンというのがちょっと残念だなというのが正直なところ。




しかし地方自治という観点から見れば泉佐野市の今回の返礼品選びは自由であり、アマゾンギフトで税金を集められるのであれば集めたいというのは”自治”している泉佐野市の選択です。総務省からの規制というのはちょっと変な感じがしますね。




泉佐野市ふるさと納税のアマゾンギフト券についてネットの反応





スポンサーリンク






















スポンサーリンク