篠原ともえさんがすでに結婚していたことがわかりました。平成のうちに婚姻届を提出されていたようで、結婚相手の男性はアートディレクターを務める人物なのだとか。この男性についての顔画像や名前など特定情報をまとめました。また、年収などの情報や馴れ初めについてもみていきます。


篠原ともえさんは1995年に電気グルーヴの石野卓球さんプロデュースでデビューした歌手で、数々のバラエティ番組に出演されていたことからかなり人気の歌手ですね。まずは結婚相手の男性についての詳細な情報をみていきましょう。




・篠原ともえの結婚相手は誰?顔画像と名前


・篠原ともえの結婚相手の年収


・篠原ともえの過去の熱愛スキャンダルなど





篠原ともえの結婚相手は誰?顔画像と名前





スポンサーリンク







篠原ともえさんの結婚相手は大手広告代理店のアートディレクターを務める人物のようで、3歳下の37歳とのことです。この情報から特定されているとも言われているのがこの人物。









池澤樹(いけざわ たつき)さんという人物がそうではないかと注目を集めているとのこと。この方も37歳でアートディレクターという肩書きを持っており、なんと裏方でありながらもWikiペディアにも乗っているほどの実績を持つ人物です。




これだけの人ならば篠原ともえさんと結婚しても納得ですよね。




篠原ともえの結婚相手は池澤樹?経歴とプロフィール





篠原ともえさんの結婚相手と噂される池澤樹さん。この池澤樹さんの経歴などをみていきましょう。




・1981年神奈川県生まれ。

・2004年武蔵野美術大学デザイン情報学科卒業。

・東急エージェンシーを経て、博報堂に。

主な仕事に、サントリー「烏龍茶」「黒烏龍茶」、サントリー「響」、サントリー「白州」、トヨタ「GR」「86」「G’s」、ロッテ「SWEETS DAYS 乳酸菌ショコラ」、クラシエ「ナイーブ」、Google「Google Play Music」、東急電鉄キャラクター「のるるん」、アッシュ・ペー・フランス「rooms」など。

・主な受賞に、東京ADC賞、JAGDA新人賞、カンヌ国際広告祭 金賞、ONE SHOW 金賞、ADFESTグランプリ、NY ADC銀賞、日本パッケージデザイン大賞 銀賞、ベストデビュタント賞ほか。NHKハート展に参加。




アートディレクター、グラフィックデザイナーという肩書きを持つ池澤樹さんですが、このプロフィールをみただけでも凄まじい経歴の持ち主だということがわかりますね。




池澤樹の年収は?篠原ともえとの馴れ初めも





スポンサーリンク







池澤樹さんの肩書きであるアートディレクターという仕事の平均的な年収は500〜600万円ほどだと言われています。しかしアートディレクターの中でも有名人である池澤樹さんですのでおそらくはその平均年収は上回っているでしょう。管理人の予想ですが年収1000万円は超えているのではないでしょうか。




また、篠原ともえさんとの馴れ初めですが、実は篠原ともえさんは歌手としての活動での露出が減ってきた頃にはファッションやデザインなどの分野で活躍されていて、かなり多才な方なのです。そのファッションやデザインのアート性から池澤樹さんと意気投合していったのではないでしょうか。




二人ともにそういった才能があるということは気が合いそうですよね!




篠原ともえの過去の熱愛やスキャンダル





スポンサーリンク







篠原ともえさんは2003年ごろに中村獅童さんと交際していたという話があります。当時は中村獅童さんの親に反対され、結局は破局してしまったという話ですね。結局のところ中村獅童さんは竹内結子さんと結婚してしまい篠原ともえさんもショックを受けていたと言われています。




また、堂本光一さんとの交際も噂はあるのですが、あまり確証のあるような情報がないために信頼性はなさそうですね・・・。




ということで過去の熱愛などのスキャンダルはほとんどありませんでした。篠原ともえさんはあまりそういった騒がれ方をしていなかったんですね。




篠原ともえの結婚についてのネットの反応





スポンサーリンク