茨城県高萩氏の中学校で不適切な指導があったようです。生徒の顧問を担当していた教師が暴言を吐いていたことも判明し、問題は炎上し始めています。この部活の顧問の教師の名前や顔画像、学校名などの特定情報をまとめました。


一昔前であれば部活の顧問が暴言を吐くなんてことは当たり前でしたが、今では体罰として扱われます。しかも報道の情報を見ただけでもかなりやりすぎのような気もしていますね。暴言だけでなく肩を小突くなどのこともしていたようですし・・・。ということで問題の教師と学校名を調査していきます。




・茨城・高萩の中学校卓球部顧問教師の名前と顔画像


・茨城・高萩の問題の学校名とは


・茨城・高萩の体罰にネット上の反応は





茨城・高萩中学校での問題の概要





茨城県高萩市の市立中学3年の女子生徒が自○していたことが分かり、市の教育委員会は女子生徒が所属する部活動で、顧問が「殺すぞ」と発言するなど「不適切な指導があった」と明かしました。

 高萩市の教育委員会によりますと、自殺したのは卓球部に所属する中学3年の女子生徒(15)で、先月30日、自宅の自分の部屋で○亡しているのを家族が見つけました。教育委員会は自殺の原因は調査中としたうえで、卓球部の男性顧問が“不適切な指導”を行っていたと明らかにしました。

 「『いいかげんにしろ』『ばか野郎』『殴るぞ』『殺すぞ』などの 暴言を、部員全体に対して発した」(高萩市教育委員会 石井健寿教育部長)

 また、顧問は、部員の肩を小突いたり、道具を床に投げつけたりもしていたということで、教育長は、「行き過ぎた指導で、限りなく体罰に近い」との認識を示しました。女子生徒は今年3月、練習に出なくなりましたが、その直後、教育委員会に、指導に関する匿名の相談が寄せられ、対応していたということです。





部活の指導の中とは言えやりすぎはやはり問題です。生徒の精神的な苦痛を考えればすぐにでも学校側に対処して欲しかったものですが・・・。しかし現実にはそうなりませんでした。GW中には生徒はすでに部屋の中で・・・。




非常に痛ましい事件です。これについてネットユーザーからはかなり厳しい意見も寄せられています。




茨城・高萩の中学校卓球部顧問教師の名前と顔画像





スポンサーリンク






この問題の教師の名前と顔画像については伏せられています。









教師については様々な情報が流れていますが、同校の卓球部はかなりの強豪だったと言われており、卓球指導のベテランだったことや、熱血で信頼されていた教師であるという情報まであります。




確かにこの情報が本当ならちょっと見方は変わるかもしれませんが、それでもやりすぎなのは間違いありません。この卓球部顧問についての情報がさらに詳細にわかった際には記事を更新してお伝えしていきます。




茨城・高萩の問題の学校名とは





この学校は高萩私立高萩中学校という学校だったと言われています。これはネットで言われている情報ですが、これについて確定的な証拠がないため未だ不明ということになっています。




今後この学校名についてはおそらく報道では明かされないと思われます。ネット上でさらに詳しい情報が入り次第記事を更新していきます。




茨城・高萩の中学生はいじめられていなかった





スポンサーリンク







6日に会見で話された内容によるといじめが原因である可能性は低いと発表されました。何故なのかというとこの中学生が最期に発見された部屋の中にはメモが残されており、このメモには学校生活についての内容が書かれていたとのこと。




茨城・高萩の中学生のメモの内容とは?





上記にも書いたように最期に発見された部屋の中には中学生の残したメモが残されており、この内容については公開されていないものの「学校生活について」の記述があったとのことです。




この学校生活についての内容ですが、おそらくこのメモの内容から今回の部活動顧問の問題が指摘されたのでしょう。この詳細な内容はまだ公開されていないため明かせませんが、おそらくは部活動内での顧問の暴言や暴力について書かれていたと思われます。




茨城・高萩の体罰にネット上の反応は





スポンサーリンク






















スポンサーリンク