元パチンコ店だった廃墟を探検目的で入っていた少年(18)が二階部分から落ちてそのまま息を引き取りました。この少年は誰なのか?名前と顔画像などを調査してみました。また廃墟の探検は不法侵入に当たるため法律違反だという声も多く挙がっています。実際のところはどうなのか調べてみました。


廃墟の探索は一部の人たちには人気のレジャーになっていて、様々な場所の廃墟を巡るような人も多くいます。そんな写真を撮影したりと色々な楽しみ方があるようですが・・・。今回は実際に廃墟に侵入することがどれだけ危険なことなのかがわかる事件となりました。個人的にも非常に残念な事件だと感じています。




廃墟で18歳少年が転落





鈴鹿市北長太町のパチンコ店だった建物で、19日午前2時半すぎ、男性から「一緒にいた友人が駐車場で倒れている」と119番通報がありました。

 救急隊が駆けつけると、近くに住む18歳の会社員の少年が駐車場でうつ伏せで倒れているのが見つかり、病院へ運ばれましたが、助かることはありませんでした。

 死亡した少年(18)は19歳の兄と、地元の同級生の男性3人のあわせて5人で建物に入り、廃墟探検をして遊んでいたということで、警察は2階の扉を開けて進もうとしたところ、誤って8メートルほど下に転落したとみて事故原因などを調べています。





2階部分の扉を開けたら8メートルも下に転落・・・。非常に恐ろしいですね。廃墟がどれだけ危険なのかがわかります。一部が崩れていたりもろくなっている可能性もあるので廃墟にいくのは控えた方が良さそうです。




なぜ転落したかの原因については警察が捜査中とのことです。




廃墟の探索で転落の少年は誰?顔画像と名前





スポンサーリンク







廃墟の探索中の二階部分から転落した少年が話題になっています。この少年は誰なのか、顔画像や名前を調べてみたところ、まだ成人していないこともあり公開されていないことがわかりました。




今わかっていることはこちら。




・18歳少年


・三重県鈴鹿市在住


・会社員


・19歳兄がいること





今わかっているのはこの程度の情報です。一緒に同級生3人とも同行しているので地元の高校を卒業したばかりの少年ということになるのでしょう。18歳で会社員ということですから高校を卒業してすぐに就職したということがわかりますね。




しかしまだまだ情報が少ないため今後新たな情報が入り次第記事を更新していこうと思います。




廃墟に探検は不法侵入?法律違反になる?





スポンサーリンク







刑法130条で「正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する」と定められていますので住居侵入違反になる可能性は否定できません。




しかし論点となるのはこの人の看守する建造物という物に当たるのかどうかです。例えば施錠されていたり人を配置するなどされている場合はこの刑法に当てはめることができるというわけですね。




「人が事実上管理・支配しているという意味で、みだりに他人の侵入することを防止するに足る物的設備または人的配置のあることをいうものと解すべきである」




事実上管理・支配されているという意味ではまだ管理人が手放していない場合不法侵入に値することになるということです。今回の場合は不法侵入と言われても仕方がないということだけはわかりますね。




ネットの反応





スポンサーリンク





















スポンサーリンク